counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『ある日どこかで』(WOWOW)
2015年07月5日(日)
Somewhere in Time


 劇場公開当時から熱心なファンがいて、近年〈午前十時の映画祭〉などでも再上映されているファンタジー映画。
 恋人役を演じるクリストファー・リーヴとジェーン・シーモア、B級映画の多かった監督のヤノット・シュワルツにとっての代表作でもある。

 原作は1960〜70年代を代表するアメリカのSF作家リチャード・マシソンの"Bid Time Return"。
 大学の卒業公演で喝采を浴びた脚本家の卵リーヴの目の前に、突然老女スーザン・フレンチが現れ、金の懐中時計を手渡すと、「帰ってきて」とささやいて去ってゆく。

 その謎の老女が投宿していたグランド・ホテルで静かに息を引き取ってから8年後。
 プロの脚本家として名を成していたリーヴは、新作の執筆に行き詰まり、気分転換しようとドライブに出かける。

 ふと通りかかったグランド・ホテルに足を向け、その歴史資料室に飾られていた女優シーモアのポートレートに、リーヴは一目で魅入られてしまう。
 その女性こそは、かつてリーヴに懐中時計を手渡した老女の若き日の姿だった。

 ホテルのボーイに彼女の名前を尋ね、図書館で写真が撮影されたのが1912年であることを突き止めたリーヴは、彼女に会うため、何とかしてその時代に遡ろうとするのだが。
 リーヴは一途な好青年ぶりを真摯に演じており、ついに恋を実らせる場面は年甲斐もなくこちらの胸まで高鳴った。
 
 リーヴは1995年、脊椎損傷で首から下が麻痺し、2004年に52歳という若さで亡くなった。
 その事実を知っていると、死んででも恋する女性に会いに行こうとするくだりがあまりに切なく感じられてならない。

 家族やカップルではもちろん、ひとりで見てもしみじみと感動できるラブストーリーの佳作。
 お勧め度はB。

(1980年 アメリカ=ユニヴァーサル・ピクチャーズ/日本配給1981年 CIC 103分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2015リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

65『テス』(1979年/伊、仏)A
64『血まみれギャングママ』(1970年/米)C
63『脱出』(1972年/米)A
62『けんか空手 極真拳』(1975年/東映)C
61『関東緋桜一家』(1972年/東映)B
60『日本女侠伝 侠客芸者』(1969年/東映)A
59『現代やくざ 与太者仁義』(1969年/東映)C
58『暗黒街最大の決斗』(1963年/東映)C
57『ヒッチハイク』(1977年/伊)B
56『裏切りの荒野』(1967年/伊)C
55『ミッション』(1986年/英)B
54『生きてこそ』(1993年/米)B
53『ダブル・ジョパディー』(1999年/米)B
52『レ・ミゼラブル』(2012年/米)A
51『トランセンデンス』(2014年/米)C
50『ダイバージェント』(2014年/米)C
49『狼男アメリカン』(1981年/米)B
48『グレートレース』(1965年/米)B
47『海底二万哩』(1954年/米)B
46『救命艇』(1944年/米)B
45『ゴジラ』(1984年/東宝)C
44『怪獣総進撃』(1968年/東宝)C
43『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年/東宝)C
42『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年/東宝)C
41『リアリティー』(2012年/伊、仏)C
40『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年/諾、瑞、丁)C
39『まごころを君に アルジャーノンに花束を』(1968年/米)C
38『ビューティフル・マインド』(2001年/米)B
37『あ・うん』(1989年/東宝)B
36『ローン・サバイバー』(2014年/米)A
35『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)B
34『真昼の決闘』(1952年/米)A
33『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年/米)B
32『運動靴と赤い金魚』(1997年/伊蘭)A
31『ルームメイト』(2013年/東映)C
30『モテキ』(2011年/東宝)C
29『神様のカルテ』(2011年/東宝)C
28『バットマン』(1989年/米)B
27『バックドラフト』(1991年/米)B
26『イーグル・アイ』(2008年/米)A
25『そこのみにて光輝く』(2014年/東京テアトル他)A
24『サイドウェイ』(2004年/米)A
23『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012年/仏)C
22『メトロ42』(2012年/露)C
21『リベンジ・マッチ』(2013年/米)C
20『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年/米)C
19『ボーン・アルティメイタム』(2007年/米)B
18『ボーン・スプレマシー』(2003年/米)B
17『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)B
16『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(2012年/韓)B
15『ハードエイト』(1996年/米)A
14『刑事コロンボ 第38話「ルーサン警部の犯罪」』(1976年/米)B
13『刑事コロンボ 第37話「さらば提督」』(1976年/米)B
12『ワイルド・ビル』(1995年/米)C
11『鷲と鷹』(1969年/米)C
10『プロフェッショナル』(1966年/米)C
9『戦略大作戦』(1970年/米)C
8『スリー・キングス』(1999年/米)B
7『里見八犬伝』(1983年/角川春樹事務所)C
6『パシフィック・リム』(2013年/米)A
5『大脱出』(2013年/米)B
4『追悼のメロディ』(1976年/仏)A
3『フリック・ストーリー』(1975年/仏、伊)B
2『ロボコップ』(2014年/米)B
1『アメリカン・ハッスル』(2013年/米)B