counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
2015年04月21日(火)
Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)


 第87回アカデミー賞で作品、監督、脚本、撮影と主要4部門を獲得して話題となった作品。
 ただ、WOWOWが生中継した授賞式では、てっきり自分も主演男優賞を獲れると思っていたらしいマイケル・キートンの憮然とした表情が一番印象的だった。

 そのキートン扮する主人公リーガンは、30代でアメコミ・ヒーローの実写映画化作品に主演、一躍全米の有名人になりながら、いまやすっかり落ちぶれた60代の老優。
 このまま忘れ去られるのは耐えがたいと、自ら脚本を書き、演出と主演も務める1人3役の舞台劇を企画してブロードウェイに打って出る。

 リーガンがかつて一世を風靡したアメコミ・ヒーローの名はタイトルロールのバードマン。
 言うまでもなく、キートン自ら演じた『バットマン』(1989年)のセルフ・パロディである。

 ハリウッドでは時折、思い出したようにこの種の自虐的なブラック・コメディが作られる。
 ビリー・ワイルダー監督、グロリア・スワンソン主演の『サンセット大通り』(1950年)がその元祖的存在で、これはいま見ても十分に面白い。

 この『バードマン』では、リーガンが相手役にリストアップした実在の役者がことごとくアメコミ映画に出演中、という出足のディテールからして笑わせる。
 舞台に出演する女優レスリー役のナオミ・ワッツは『マルホランド・ドライブ』(2001年)以来売れない女優役≠ェ定番化、リーガンの娘サム役のエマ・ストーンも『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)のヒロインを演じたことがあるなど、キャスティングも洒落っ気たっぷりだ。

 たたみかけるような序盤からクライマックスまで、オスカー監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのパワフルな演出もさりながら、ほとんどワンシーン、ワンカットで撮り続けているカメラワークがまことに秀逸。
 撮影はエマニュエル・ルベツキで、前年の『ゼロ・グラビティ』(2013年)に続く2年連続でのオスカー受賞となった。

 リーガンが舞台化したのはレイモンド・カーヴァーの短篇小説『愛について語るときに我々の語ること』。
 2組の夫婦がジンを飲みながら、「愛とは何か」について延々と議論を続けるだけの掌編である。

 これほど劇になりにくい小説をリーガンが選んだ理由は、カーヴァーが10代のころからの憧れの作家で、俳優を目指すきっかけを与えてくれた人物だったから。
 リーガンは高校で演劇部に所属しており、当時の公演をたまたま見ていたカーヴァーが「誠実な演技だった」と褒めてくれて、それから俳優を志すようになったのだ。

 カーヴァーがその言葉をしたため手渡してくれた紙切れは、60歳を過ぎたいまもリーガンの宝物だ。
 それがバーの紙ナプキンで、アルコール依存症のカーヴァーが酔っ払って書きなぐったものでしかなく、それを見た共演者のマイク(エドワード・ノートン)や批評家のタビサ(リンゼイ・ダンカン)にせせら笑われるような代物であっても。

 アメコミのおかげで有名人になった俳優が憧れのカーヴァーを舞台化する、というのは、日本で言えば仮面ライダーやウルトラマンで名の売れた役者が一念発起、村上春樹の脚本化に挑戦するようなものだろうか。
 米本国での評価が高かったのは、そのミスマッチなおかしさが絶妙だったからではないかと推察する。

 と、このように解読していくといかにも面白そうだが、実際に見ている間は退屈に感じられるところも多い。
 理由は単純で、主人公リーガンのようなアメリカの俳優に共感できる部分が乏しく、突き放して見ていてもそれほど面白いキャラクターではなく、こんなやつが死のうが生きようがどうでもいいや、と思えてくるからである。

 ぼくと同様の感想を抱く日本人の観客は少なくないのではなかろうか。
 採点は75点。

(2014年 アメリカ=FOXサーチライト・ピクチャーズ/日本配給20世紀FOX 2015年4月 119分)

 TOHOシネマズシャンテ、シネ・リーブル池袋、シネマメディアージュなどで全国公開中

 ※50点=落胆 60点=退屈 70点=納得 80点=満足 90点=興奮(お勧めポイント+5点)

 2015劇場公開映画鑑賞リスト
3『アメリカン・スナイパー』(2014年/米)80点
2『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年/米)85点
1『フォックスキャッチャー』(2014年/米)85点