counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(WOWOW)
2017年08月30日(水)
Captain America: Civil War


 前々項『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)に続く〈キャプテン・アメリカ〉シリーズ第3作。
 時系列的には『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)の1年後に当たり、〈マーベル・シネマティック・ユニバース〉としては13作目になる。

 冒頭、スティーブ/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)らがナイジェリアの都市ラゴスに乗り込んでヒドラ一味と対決している最中、一般市民に犠牲者が発生。
 続いて『エイジ・オブ・ウルトロン』でアベンジャーズがソコヴィアで大暴れした場面が映し出され、ここでも多数の被害者が出ていたことが報道される。

 世界各国で沸き上がる国際世論の批判を背景に、国連がアベンジャーズに対して国連の管轄下に入るよう要請。
 トニー/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)はこれを受け入れるが、スティーブは自由意思による行動を制限されることに反発を覚え、アベンジャーズは2派に分裂してしまう。

 アイアンマンがピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)をスカウトする一方、キャプテン・アメリカは前項『アントマン』(2015年)のスコット・ラング/アントマンを戦力補強。
 チーム・キャプテン・アメリカがチーム・アイアンマンと空港で激突する中盤の見せ場では、このアントマンが「ジャイアントマン」に変身し、大いに笑わせてくれる。
 
 ここにアフリカのワカンダ国の王子ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)がからんで、スッタモンダの末に一度はスティーブが逮捕されてしまう。
 が、自分たちの抗争を尻目に、悪の秘密結社ヒドラが新たな陰謀を企てていたことをアイアンマンが察知、最後は手に手を取り合って悪党退治に乗り出した。 

 が、この勝負どころにきて、キャプテン・アメリカの親友バッキー/ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)がヒドラの奴隷兵士だった時代、トニーの両親を殺していたことが発覚。
 さらに、スティーブがその事実を知っていながらトニーに隠していたことが露見して、ついにキャプテン・アメリカとアイアンマンの一騎打ちに発展する。

 この展開はシナリオとして実にうまい。
 作品全体も〈マーベル・シネマティック・ユニバース〉のひとつの頂点を示す出来栄え。

 オススメ度A。

(2016年 アメリカ=ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ 147分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

64『アントマン』(2015年/米)B
63『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年/米)B
62『インクレディブル・ハルク』(2008年/米)C
61『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年/米)B
60『大いなる決闘』(1976年/米)B
59『ワイルド・ギース』(1978年/英、瑞)A
58『鷲は舞いおりた』(1977年/アメリカ)C
57『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』(2007年/米)B
56『ブレードランナー/ファイナル・カット』(1982、2007年/米)A
55『ターザン:REBORN』(2016年/米)B
54『二ツ星の料理人』(2015年/米)B
53『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B
52『サイレント・ランニング』(1972年/米)B
51『アンドロン』(2015年/伊、英、馬)D
50『アウトバーン』(2016年/米、独)B
49『カラーパープル』(1985年/米)A
48『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年/米)A
47『超高層プロフェッショナル』(1979年/米)C
46『特攻大作戦』(1967年/米)B
45『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015年/米)B
44『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005年/米)D
43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A