counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『パリ、テキサス』(NHK-BSpre)
2016年11月24日(木)
Paris,Texas


 前項『リバティ・バランスを射った男』(1962年)に描かれた時代、テキサスは無法者が暴れ回る開拓地から、法と秩序が支配する現代の田舎街へ生まれ変わろうとしていた。
 それからさらに数十年の時が経ち、ドイツ人の映画監督ヴィム・ヴェンダースが捉えたテキサスは、愛とアイデンティティーを喪失したアメリカ人が彷徨する荒野へと変わる。

 開巻、画面に広がる広大なテキサスの風景の手前、虚ろな表情でトボトボと歩き続けるハリー・ディーン・スタントンの姿が映し出される。
 疲れ果てて転がり込んだガソリンスタンドで胡散臭い医師の手当てを受けたのち、弟のディーン・ストックウェルがやってきて、スタントントンが4年間妻子と連絡を絶って音信不通だったこと、その間、スタントンの息子を弟夫婦が引き取って育てていたことがわかってくる。

 最初のうち、弟のストックウェルがいくら話しかけても、兄のスタントンが何の反応も見せようとしない、という淡々とした描写の積み重ねがいい。
 やがて、ようやく弟と口を利くようになった兄は、荒れ果てたテキサスの土地の写真を見せると、そこがパリという町で、おれたちの親父とお袋が初めてセックスをした場所だ、おれはここに土地を買ったんだ、と語る。

 兄の目的は、弟に4年間育ててもらった息子に再会し、行方不明になっている妻を探し出して、一緒にこの土地で暮らすことにあった。
 この計画を聞いて、兄の息子をすでに自分の子供同然に感じていた弟夫婦は、複雑な気分にならざるを得ない。

 後半、兄は離れ離れになっていた息子の愛情を取り戻し、父子ふたりで妻を探し出そうと新たな旅に出る。
 妻を演じているのは当時23歳、女優人生で絶頂の美しさを誇っていたナスターシャ・キンスキーで、ヒューストンの風俗街でピーピング・ルームに勤めていた、という設定が秀逸。

 ただ、スタントンとキンスキーが再会して繰り広げるクライマックスは意外に湿っぽく、批評家にはこの愁嘆場の演出が高く評価されたようだが、ぼくはいまひとつ感動できなかった。
 サム・シェパードの原作『モーテル・クロニクルズ』ではどうなっていたのか、気になるところだ(昔、買ったまま読んでいなかったことを思い出し、慌てて本棚を探しているのだが、まだ見つかっていない)。
 
 お勧め度はA。

(1984年 西ドイツ、フランス/日本配給1985年 フランス映画社 147分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2016リスト
※A=ぜひ!😃 B=よかったら😅 C=ヒマなら😒 D=やめとけ😫

118『リバティ・バランスを射った男』(1962年/米)A
117『頭上の敵機』(1949年/米)B
116『チャンピオン』(1949年/米)B
115『沈まぬ太陽』(2016年/WOWOW)B
114『GONIN サーガ』(2015年/KADOKAWA、ポニーキャニオン)B
113『Zアイランド』(2015年/KADOKAWA、吉本興業)C
112『乱気流/タービュランス』(1997年/米)B
111『マックィーンの絶対の危機』(1958年/米)C
110『ジャージー・ボーイズ』(2014年/米)A
109『Mr.3000』(2004年/米)B
108『少林サッカー』(2001年/香)C
107『皇帝のために』(2014年/韓)C
106『コンフェッション 友の告白』(2014年/韓)B
105『日々ロック』(2014年/松竹)C
104『ぼくたちの家族』(2014年/ファントム・フィルム)A
103『海街diary』(2015年/東宝、GAGA)B
102『バクマン。』(2015年/東宝)A
101『寄生獣 完結編』(2015年/東宝、日本テレビ)A
100『寄生獣』(2015年/東宝、日本テレビ)A
99『ザ・グリード』(1998年/米)A
98『悪魔のいけにえ 劇場公開40周年記念版』(1974、2015年/米)B
97『刑事コロンボ 第49話「迷子の兵隊」(1989年/米)C
96『刑事コロンボ 第48話「幻の娼婦」』(1989年/米)C
95『女優マルキーズ』(1997年/仏)C
94『ボヴァリー夫人とパン屋』(2014年/仏)B
93『ワルキューレ』(2008年/独、米)C
92『ヒトラー〜最期の12日間〜』(2004年/独、伊、墺)A
91『フェイシング・アリ』(2009年/米、加)B
90『スケアクロウ』(1973年/米)B
89『さらば冬のかもめ』(1973年/米)A
88『野火』(2015年/海獣シアター)B
82『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(2015年/東宝)C
81『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015年/東宝)C
80『チャイルド44 森に消えた子供たち』(2015年/米)C
79『神の一手』(2014年/韓)B
78『妻は二度殺される』(2015年/韓)A※未ビデオ化
77『インナースペース』(1987年/米)C
76『ジョン・カーペンターの要塞警察』(1976年/米)B
75『クリムゾン・キモノ』(1959年/米)B※未ビデオ化
74『ハイネケン誘拐の代償』(2015年/白、英、蘭)C
73『ワールド・オブ・ライズ』(2008年/米)B
72『天空の蜂』(2015年/松竹)C
71『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年/米)B
70『キングスマン』(2015年/英)A
69『死への逃避行』(1983年/仏)C
68『ザ・トライブ』(2014年/烏)B
67『狙撃者』(1952年/米)C※未ビデオ化
66『刑事コロンボ 第47話「狂ったシナリオ」』(1989年/米)D
65『刑事コロンボ 第46話「汚れた超能力」』(1989年/米)B
64『リピーテッド』(2014年/英、米、仏、瑞典)A
63『マッドマックス/サンダードーム』(1985年/豪)C
62『アリスのままで』(2014年/米)A
61『ジャコ萬と鉄』(1964年/東映)B
60『軍旗はためく下に』(1972年/東宝)A
59『人間蒸発』(1967年/日活、日本ATG他)B
58『予告犯』(2015年/東宝)C
57『ダーティ・セブン』(1972年/伊、仏、西独、西)D
56『ジョニー・オクロック』(1947年/米)C※未ビデオ化
55『東京オリンピック』(1965年/東宝)B
54『上意討ち 拝領妻始末』(1967年/三船プロ、東宝)A
53『大魔神逆襲』(1966年/大映)B
52『大魔神怒る』(1966年/大映)A
51『大魔神』(1966年/大映)A
50『龍三と七人の子分たち』(2015年/ワーナー・ブラザース、オフィス北野)C
49『小さいおうち』(2014年/松竹)A
48『ミレニアム3 眠れる美女と狂卓の騎士』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
47『ミレニアム2 火と戯れる女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
46『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
45『シンドバッド黄金の航海』(1973年/米)B
44『シンドバッド7回目の冒険』(1958年/米)B
43『水爆と深海の怪物』(1955年/米)C
42『スプラッシュ』(1984年/米)B
41『女と男の名誉』(1985年/米)A
40『バートン・フィンク』(1991年/米)A
39『フューリー』(2014年/米)C
38『バベル』(2006年/米)A
37『インヒアレント・ヴァイス』(2014年/米)C
36『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(2016年/NHK)B
35『映画 ビリギャル』(2015年/東宝)A
34『終の信託』(2012年/東宝)C
33『ALI アリ』(2001年/米)C
32『キング オブ ポルノ』(2000年/米)B
31『グリーンドア』(1972年/米)B
30『ラビッド』(1977年/加)B
29『ビデオドローム』(1983年/加)B
28『三十九夜』(1935年/英)A
27『第3逃亡者』(1937年/英)B
26『サボタージュ』(1936年/英)B
25『吸血鬼ドラキュラ』(1958年/英)B
24『オオカミは嘘をつく』(2013年/以)C
23『メイズ・ランナー』(2014年/アメリカ)C
22『帝都物語』(1988年/東宝)C
21『座頭市地獄旅』(1965年/大映)B
20『鬼龍院花子の生涯』(1982年/日本ヘラルド)A
19『瀬戸内少年野球団』(1984年/日本ヘラルド)C
18『ダイナマイトどんどん』(1978年/大映、東映)C
17『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝、フジテレビ)A
16『ティン・カップ』(1996年/米)C
15『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年/米)A
14『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014年/加、米、独、仏)B
13『博士と彼女のセオリー』(2014年/英)A
12『チャッピー』(2015年/米)A
11『荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜』(2014年/米)C
10『サンダーボルト』(1974年/米)B
9『白い肌の異常な夜』(1971年/米)B
8『刑事コロンボ 第45話「策謀の結末」』(1978年/米)C
7『はぶらし/女友だち』(2016年/NHK)A※未ビデオ化
6『暁の7人』(1975年/米)A
5『ジョニーは戦場へ行った』(1971年/米)B
4『NHKスペシャル 映像の世紀』(1995年/NHK)A
3『刑事コロンボ 第44話「攻撃命令」』(1978年/米)B
2『刑事コロンボ 第43話「秒読みの殺人」』(1978年/米)C
1『ラヴ・ストリームス』(1984年/米)A