counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『ぼくたちの家族』(WOWOW)
2016年09月15日(木)


 『川の底からこんにちは』(2010年)、『バンクーバーの朝日』(2014年)の石井裕也監督が3年かけて完成させたという家庭劇の力作。
 早見和真による原作小説は自身の経験に基づいており、実話ダネの映画とも言える。

 開巻早々、画面いっぱいにクローズアップされた原田美枝子が「グラプトベリアファンファーレ」と、突然思い出したようにサボテンの名前をつぶやく、という大変印象的なシーンからこの映画は始まる。
 彼女が演じる若菜玲子は夫・克明(長塚京三)と暮らしている平凡な主婦で、東京郊外にいかにもバブル時代の産物らしい豪奢なマイホームを建てている。

 サラリーマンの長男・浩介(妻夫木聡)は結婚したばかりで、妻の深雪(黒川芽以)が妊娠中。
 半分ニートの学生生活を送っている次男・俊平(池松壮亮)は就活をする気がまるでなく、事あるごとに母の玲子に小遣いをねだっている。

 そうしたどこにでもある生活の中、様子のおかしかった玲子が実は脳腫瘍を患っていることが判明し、余命1週間と医師に宣告された。
 しかも、もはや手の施しようがないからと、担当医は入院していた玲子を退院させるよう克明、浩介らに通告し、別の病院に入院させるための紹介状も書いてくれない。

 その上、長男・浩介が実家に泊まり込んで母・玲子の面倒を見ている最中、父・克明は入院費、治療費を何とかしてもらえないか、と浩介にすがりつくように打ち明ける。
 さらに、次男・俊平が母のカード類を調べたところ、母はサラ金に300万円も借金をしており、父が自分の会社を維持するために抱えた負債も6500万円に上っていた。

 こうして、それまで決して仲のよくなかった父子と兄弟は、何の伝手もなく、ネットしか情報を得られない状況の中、懸命に母の再入院先を探し求める。
 石井裕也の演出は例によって非常に抑制が効いており、家族がもがく様を一見淡々と、しかし濃密に描写してゆく。

 俊平が訪ねた6軒目の病院で、気のいい医師(鶴見辰吾)から不意に「これは悪性リンパ腫の可能性がある。病院を紹介してあげよう」と言われる場面がいい。
 これは現実なのか、キョトンとしている池松壮亮の表情を見ているうち、思わず涙がにじんだ。

 こういう泣かせる場面でなくとも泣けてしまう演出と画面づくりが石井映画の真骨頂である。
 事態は何も改善されていないにもかかわらず、しみじみと感動が伝わってくるラストシーンも素晴らしい。
 
 お勧め度はA。

(2014年 ファントム・フィルム 117分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2016リスト
※A=ぜひ!😃 B=よかったら😅 C=ヒマなら😒 D=やめとけ😫

103『海街diary』(2015年/東宝、GAGA)B
102『バクマン。』(2015年/東宝)A
101『寄生獣 完結編』(2015年/東宝、日本テレビ)A
100『寄生獣』(2015年/東宝、日本テレビ)A
99『ザ・グリード』(1998年/米)A
98『悪魔のいけにえ 劇場公開40周年記念版』(1974、2015年/米)B
97『刑事コロンボ 第49話「迷子の兵隊」(1989年/米)C
96『刑事コロンボ 第48話「幻の娼婦」』(1989年/米)C
95『女優マルキーズ』(1997年/仏)C
94『ボヴァリー夫人とパン屋』(2014年/仏)B
93『ワルキューレ』(2008年/独、米)C
92『ヒトラー〜最期の12日間〜』(2004年/独、伊、墺)A
91『フェイシング・アリ』(2009年/米、加)B
90『スケアクロウ』(1973年/米)B
89『さらば冬のかもめ』(1973年/米)A
88『野火』(2015年/海獣シアター)B
82『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(2015年/東宝)C
81『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015年/東宝)C
80『チャイルド44 森に消えた子供たち』(2015年/米)C
79『神の一手』(2014年/韓)B
78『妻は二度殺される』(2015年/韓)A※未ビデオ化
77『インナースペース』(1987年/米)C
76『ジョン・カーペンターの要塞警察』(1976年/米)B
75『クリムゾン・キモノ』(1959年/米)B※未ビデオ化
74『ハイネケン誘拐の代償』(2015年/白、英、蘭)C
73『ワールド・オブ・ライズ』(2008年/米)B
72『天空の蜂』(2015年/松竹)C
71『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年/米)B
70『キングスマン』(2015年/英)A
69『死への逃避行』(1983年/仏)C
68『ザ・トライブ』(2014年/烏)B
67『狙撃者』(1952年/米)C※未ビデオ化
66『刑事コロンボ 第47話「狂ったシナリオ」』(1989年/米)D
65『刑事コロンボ 第46話「汚れた超能力」』(1989年/米)B
64『リピーテッド』(2014年/英、米、仏、瑞典)A
63『マッドマックス/サンダードーム』(1985年/豪)C
62『アリスのままで』(2014年/米)A
61『ジャコ萬と鉄』(1964年/東映)B
60『軍旗はためく下に』(1972年/東宝)A
59『人間蒸発』(1967年/日活、日本ATG他)B
58『予告犯』(2015年/東宝)C
57『ダーティ・セブン』(1972年/伊、仏、西独、西)D
56『ジョニー・オクロック』(1947年/米)C※未ビデオ化
55『東京オリンピック』(1965年/東宝)B
54『上意討ち 拝領妻始末』(1967年/三船プロ、東宝)A
53『大魔神逆襲』(1966年/大映)B
52『大魔神怒る』(1966年/大映)A
51『大魔神』(1966年/大映)A
50『龍三と七人の子分たち』(2015年/ワーナー・ブラザース、オフィス北野)C
49『小さいおうち』(2014年/松竹)A
48『ミレニアム3 眠れる美女と狂卓の騎士』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
47『ミレニアム2 火と戯れる女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
46『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
45『シンドバッド黄金の航海』(1973年/米)B
44『シンドバッド7回目の冒険』(1958年/米)B
43『水爆と深海の怪物』(1955年/米)C
42『スプラッシュ』(1984年/米)B
41『女と男の名誉』(1985年/米)A
40『バートン・フィンク』(1991年/米)A
39『フューリー』(2014年/米)C
38『バベル』(2006年/米)A
37『インヒアレント・ヴァイス』(2014年/米)C
36『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(2016年/NHK)B
35『映画 ビリギャル』(2015年/東宝)A
34『終の信託』(2012年/東宝)C
33『ALI アリ』(2001年/米)C
32『キング オブ ポルノ』(2000年/米)B
31『グリーンドア』(1972年/米)B
30『ラビッド』(1977年/加)B
29『ビデオドローム』(1983年/加)B
28『三十九夜』(1935年/英)A
27『第3逃亡者』(1937年/英)B
26『サボタージュ』(1936年/英)B
25『吸血鬼ドラキュラ』(1958年/英)B
24『オオカミは嘘をつく』(2013年/以)C
23『メイズ・ランナー』(2014年/アメリカ)C
22『帝都物語』(1988年/東宝)C
21『座頭市地獄旅』(1965年/大映)B
20『鬼龍院花子の生涯』(1982年/日本ヘラルド)A
19『瀬戸内少年野球団』(1984年/日本ヘラルド)C
18『ダイナマイトどんどん』(1978年/大映、東映)C
17『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝、フジテレビ)A
16『ティン・カップ』(1996年/米)C
15『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年/米)A
14『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014年/加、米、独、仏)B
13『博士と彼女のセオリー』(2014年/英)A
12『チャッピー』(2015年/米)A
11『荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜』(2014年/米)C
10『サンダーボルト』(1974年/米)B
9『白い肌の異常な夜』(1971年/米)B
8『刑事コロンボ 第45話「策謀の結末」』(1978年/米)C
7『はぶらし/女友だち』(2016年/NHK)A※未ビデオ化
6『暁の7人』(1975年/米)A
5『ジョニーは戦場へ行った』(1971年/米)B
4『NHKスペシャル 映像の世紀』(1995年/NHK)A
3『刑事コロンボ 第44話「攻撃命令」』(1978年/米)B
2『刑事コロンボ 第43話「秒読みの殺人」』(1978年/米)C
1『ラヴ・ストリームス』(1984年/米)A