counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(WOWOW)
2016年07月14日(木)
Avengers:Age of Ultron

 このシリーズ、見ている間は滅法楽しい気分にさせてくれるのだが、見終わったあとは、はて、いったい何がどうしてどうなったんだっけ? といつも首を傾げてしまう。
 仕方なくウィキペディアであらすじをチェックしてみたのだが、このシリーズに特有の専門用語が頻出し、最初から最後まで読んでもやっぱりよくわからない。

 どうにか理解できるのは、アベンジャーズと敵対するヒドラの一味がいて、彼らがウルトロンというとんでもない怪物を目覚めさせたため、これをアベンジャーズが退治しなければならなくなった、という大筋ぐらい。
 その最中、アイアンマン(ロバート・ダウニーJr)とキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)が仲違いする原因や理由もよくわからない。

 筋がよくわからないと言えば、前作の『アベンジャーズ』(2012年)や『アイアンマン3』(2013年)なども同様だった。
 いささか毛色の違う『マイティ・ソー』(2011年)だけは大体の設定とストーリーを覚えているものの、これははっきり言ってあまり面白くなかったからでもある。

 大体、あんなトンカチを持って暴れ回るロン毛のむさいあんちゃんのどこがカッコイイんだよ。
 クリス・ヘムズワースは別の作品ではいい役者だと思うこともあるが。

 …などとイチャモンばかりつけているこのマーベル・スタジオのシリーズが世界的にヒットしているのは、第1作からしっかりチェックしているファンほど楽しめるようになっているからだ。
 これは本シリーズの大ファンである落合博満さん(現中日GM)も言っていることだから間違いない。

 しかし、おれの口には合わないね。
 『X-MEN』シリーズならついていけてるんだけどなあ。

 お勧め度はB。

(2015年 アメリカ=マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給 141分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2016リスト
※A=ぜひ!😃 B=よかったら😅 C=ヒマなら😒 D=やめとけ😫

70『キングスマン』(2015年/英)A
69『死への逃避行』(1983年/仏)C
68『ザ・トライブ』(2014年/烏)B
67『狙撃者』(1952年/米)C※未ビデオ化
66『刑事コロンボ 第47話「狂ったシナリオ」』(1989年/米)D
65『刑事コロンボ 第46話「汚れた超能力」』(1989年/米)B
64『リピーテッド』(2014年/英、米、仏、瑞典)A
63『マッドマックス/サンダードーム』(1985年/豪)C
62『アリスのままで』(2014年/米)A
61『ジャコ萬と鉄』(1964年/東映)B
60『軍旗はためく下に』(1972年/東宝)A
59『人間蒸発』(1967年/日活、日本ATG他)B
58『予告犯』(2015年/東宝)C
57『ダーティ・セブン』(1972年/伊、仏、西独、西)D
56『ジョニー・オクロック』(1947年/米)C※未ビデオ化
55『東京オリンピック』(1965年/東宝)B
54『上意討ち 拝領妻始末』(1967年/三船プロ、東宝)A
53『大魔神逆襲』(1966年/大映)B
52『大魔神怒る』(1966年/大映)A
51『大魔神』(1966年/大映)A
50『龍三と七人の子分たち』(2015年/ワーナー・ブラザース、オフィス北野)C
49『小さいおうち』(2014年/松竹)A
48『ミレニアム3 眠れる美女と狂卓の騎士』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
47『ミレニアム2 火と戯れる女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
46『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
45『シンドバッド黄金の航海』(1973年/米)B
44『シンドバッド7回目の冒険』(1958年/米)B
43『水爆と深海の怪物』(1955年/米)C
42『スプラッシュ』(1984年/米)B
41『女と男の名誉』(1985年/米)A
40『バートン・フィンク』(1991年/米)A
39『フューリー』(2014年/米)C
38『バベル』(2006年/米)A
37『インヒアレント・ヴァイス』(2014年/米)C
36『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(2016年/NHK)B
35『映画 ビリギャル』(2015年/東宝)A
34『終の信託』(2012年/東宝)C
33『ALI アリ』(2001年/米)C
32『キング オブ ポルノ』(2000年/米)B
31『グリーンドア』(1972年/米)B
30『ラビッド』(1977年/加)B
29『ビデオドローム』(1983年/加)B
28『三十九夜』(1935年/英)A
27『第3逃亡者』(1937年/英)B
26『サボタージュ』(1936年/英)B
25『吸血鬼ドラキュラ』(1958年/英)B
24『オオカミは嘘をつく』(2013年/以)C
23『メイズ・ランナー』(2014年/アメリカ)C
22『帝都物語』(1988年/東宝)C
21『座頭市地獄旅』(1965年/大映)B
20『鬼龍院花子の生涯』(1982年/日本ヘラルド)A
19『瀬戸内少年野球団』(1984年/日本ヘラルド)C
18『ダイナマイトどんどん』(1978年/大映、東映)C
17『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝、フジテレビ)A
16『ティン・カップ』(1996年/米)C
15『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年/米)A
14『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014年/加、米、独、仏)B
13『博士と彼女のセオリー』(2014年/英)A
12『チャッピー』(2015年/米)A
11『荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜』(2014年/米)C
10『サンダーボルト』(1974年/米)B
9『白い肌の異常な夜』(1971年/米)B
8『刑事コロンボ 第45話「策謀の結末」』(1978年/米)C
7『はぶらし/女友だち』(2016年/NHK)A※未ビデオ化
6『暁の7人』(1975年/米)A
5『ジョニーは戦場へ行った』(1971年/米)B
4『NHKスペシャル 映像の世紀』(1995年/NHK)A
3『刑事コロンボ 第44話「攻撃命令」』(1978年/米)B
2『刑事コロンボ 第43話「秒読みの殺人」』(1978年/米)C
1『ラヴ・ストリームス』(1984年/米)A