counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『東京オリンピック』(WOWOW)
2016年06月10日(金)


 名匠・市川崑が総監督を務めた1964年東京オリンピックの公式記録映画。

 ただし、いわゆるドキュメンタリーとは異なる。
 市川をはじめ和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎らが映画独自の脚本を執筆、そのストーリーに沿って映像が編集されており、極めて作家性の強い、つまりそれだけ記録的価値の乏しい作品となっている。

 開巻、太平洋の日の出に日の丸が重なり、ナレーションが第1回アテネから第18回東京までの都市名を延々と語り続ける。
 それからやっと開会式に入ると、各国選手団の入場行進を撮影したこの導入部がまたやたらと長い。

 競技の撮影も非常に極端で、例えば体操ではカメラが選手をクローズアップするだけでなく、床運動で選手が踏ん張る際に発する音など、細かい音も丹念に拾ってゆく(これだけで1700万円の費用がかかったらしい)。
 ところが、それほどディテールこだわって撮影している割りに、肝心の勝敗の描写は拍子抜けするほど淡々としていて、選手が表彰台に立つ場面などちっとも盛り上がらない。

 日本が金メダルを獲得、「東洋の魔女」と異名を取った女子バレーボールの描写も、この程度で済ませてしまうのか? と言いたくなるほどあっさりしたもの。
 一方、大会のメーンイベントとも言うべき男子マラソンでは、終盤にトップを独走するビキラ・アベベの姿を延々と追い続けており、トラック勝負で3位に落ちた円谷幸吉は日本代表なのにまるで添え物のようだ。

 まだ藁葺き屋根の多かった八王子の道路で行われた自転車ロードレースの場面、チャド共和国からひとりだけ参加していたアフドラ・イサという選手の描写など、それなりに興味深いシーンも少なくない。
 しかし、これが日本人の観客が見たがる映像か、ここまで長い尺を割く必要があったのかとなると、やはり疑問が残る。

 当初は黒澤明が監督を務める予定だったそうだが、実現していたらどんな映画になっていたことか。
 お勧め度は歴史的価値を加味してB。
 
(1965年 東宝 170分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2016リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

54『上意討ち 拝領妻始末』(1967年/三船プロ、東宝)A
53『大魔神逆襲』(1966年/大映)B
52『大魔神怒る』(1966年/大映)A
51『大魔神』(1966年/大映)A
50『龍三と七人の子分たち』(2015年/ワーナー・ブラザース、オフィス北野)C
49『小さいおうち』(2014年/松竹)A
48『ミレニアム3 眠れる美女と狂卓の騎士』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
47『ミレニアム2 火と戯れる女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
46『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009年/瑞典、丹麥、独)B
45『シンドバッド黄金の航海』(1973年/米)B
44『シンドバッド7回目の冒険』(1958年/米)B
43『水爆と深海の怪物』(1955年/米)C
42『スプラッシュ』(1984年/米)B
41『女と男の名誉』(1985年/米)A
40『バートン・フィンク』(1991年/米)A
39『フューリー』(2014年/米)C
38『バベル』(2006年/米)A
37『インヒアレント・ヴァイス』(2014年/米)C
36『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(2016年/NHK)B
35『映画 ビリギャル』(2015年/東宝)A
34『終の信託』(2012年/東宝)C
33『ALI アリ』(2001年/米)C
32『キング オブ ポルノ』(2000年/米)B
31『グリーンドア』(1972年/米)B
30『ラビッド』(1977年/加)B
29『ビデオドローム』(1983年/加)B
28『三十九夜』(1935年/英)A
27『第3逃亡者』(1937年/英)B
26『サボタージュ』(1936年/英)B
25『吸血鬼ドラキュラ』(1958年/英)B
24『オオカミは嘘をつく』(2013年/以)C
23『メイズ・ランナー』(2014年/アメリカ)C
22『帝都物語』(1988年/東宝)C
21『座頭市地獄旅』(1965年/大映)B
20『鬼龍院花子の生涯』(1982年/日本ヘラルド)A
19『瀬戸内少年野球団』(1984年/日本ヘラルド)C
18『ダイナマイトどんどん』(1978年/大映、東映)C
17『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝、フジテレビ)A
16『ティン・カップ』(1996年/米)C
15『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年/米)A
14『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014年/加、米、独、仏)B
13『博士と彼女のセオリー』(2014年/英)A
12『チャッピー』(2015年/米)A
11『荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜』(2014年/米)C
10『サンダーボルト』(1974年/米)B
9『白い肌の異常な夜』(1971年/米)B
8『刑事コロンボ 第45話「策謀の結末」』(1978年/米)C
7『はぶらし/女友だち』(2016年/NHK)A※未ビデオ化
6『暁の7人』(1975年/米)A
5『ジョニーは戦場へ行った』(1971年/米)B
4『NHKスペシャル 映像の世紀』(1995年/NHK)A
3『刑事コロンボ 第44話「攻撃命令」』(1978年/米)B
2『刑事コロンボ 第43話「秒読みの殺人」』(1978年/米)C
1『ラヴ・ストリームス』(1984年/米)A